ケノンの特徴

ケノンの特徴

ケノンの特徴

ケノンは東京都新宿区西新宿に本社があるエムロックという会社が製造・販売している家庭用脱毛器です。
2005年にはじめてアイエピという脱毛器を発売しました。

 

その頃、脱毛器と言うと値段は高くても効果が実感できなかったり、やけどなどの肌トラブルが頻繁に起こったりしていて、一般に普及しているものではありませんでした。
この年に発売したアイエピはレーザー式の脱毛器で、今までの家庭用脱毛器に比べ価格も安かったので、爆発的な人気を博しました。

 

しかし、たくさん売り上げた反面、バッテリーが長持ちしない、音が大きい、時間がかかる…といった意見も多く、2008年にはレーザー式ではなく、フラッシュ脱毛器を発売しました。
フラッシュ式になってレーザー式よりも照射範囲が広くなったため、1度にかかるお手入れの時間が短く済むようになりました。

 

また、充電方法がカートリッジ式に変わったため、とても使いやすくなりました。
その後も毎年のように品質の改良に努め、現在では3.7センチ×2.5センチという幅広い範囲の脱毛が可能なエクストララージカートリッジとなり、いままでよりも更に速く、簡単に処理ができるようになりました。

 

ケノンの最新のタイプは、光の照射が最大6連射まですることができます。
1度の照射でレベルが高く、痛みや肌トラブルが起こるような場合でも、短時間に6回に分けて照射を行えば、痛みやトラブルがないまま十分な脱毛効果を得ることができるのです。

 

腕や脚など、ムダ毛生えている範囲が広い場合には、最新のエクストララージカートリッジがとても便利ですが、このほかにVラインなどの狭くてデリケートな部分に使える15ミリ×30ミリのスリムカートリッジもあります。
フラッシュ式のカートリッジは、どの会社の製品も照射回数の上限が決まっていて、その回数に達したら使用できなくなるのですが、ケノンの場合は1個のカートリッジの照射回数が他社に比べてはるかに多いので、コストパフォーマンスに優れています。

 

従来のカートリッジの場合、照射回数が分からずに、ある日突然使えなくなるということもよくありました。
そうした不具合を解消するため、ケノンの場合は、残りの照射可能回数がディスプレイに表示されるように改良が加えられています。

 

広範囲のムダ毛処理をするときには、脱毛器のスタートボタンをいちいち押さなくていいように、自動照射モードまであります。
安全面でも十分な配慮がしてあります。

 

人工知能AIが搭載されているので、機械が熱くなりすぎないよう、自動調節がなされています。
ケノンは、ワキ、背中、腕、指、お腹、太もも、スネの他、鼻の下やアゴのヒゲ、眉毛、頬、おでこなどの顔の周りの脱毛も可能です。

 

ワキや背中、腕、指、お腹、太もも、スネはどのメーカーの脱毛器も使用可能ですが、顔周りのムダ毛にまで対応しているものはあまりありません。
Vラインの処理ももちろん可能です。

関連記事

有名ブランドの詳細

自分でムダ毛の処理をするにはいろいろな方法がありますが、あまりお金をかけずに、しかし肌をいたわりながらきれいな仕上がりを希望するのであれば、家庭用脱毛器がおすすめです。